登録集団の概要(使用基準等)については、変更申請が出されている場合がありますので、
都度該当集団に確認願います。
更新月日 平成28年3月23日
登録番号 002-01-21
登録年月日 平成16年2月16日 (平成15年度)
生産者集団名 瀬棚クリーン米生産組合
代表者名 諸戸 浩美
生産管理責任者 横山 一康
集出荷管理責任者 横山 一康
農産物名 水稲
市町村名 せたな町
連絡先住所 せたな町北桧山地区若松300-1
連絡先電話番号 0137-85-1331
構成員数 6名
写真
写真
PR文 狩場山から流れる馬場川の清流を利用し、畜産経営との複合による良質堆肥を使った土作り、病害虫発生を予察することにより防除を最小限に留める等、「安全で安心なお米」の生産に力を入れています。
また、アイガモ農法による有機栽培米にも取り組んでおり、クリーン米生産に努めています。
品種名 ななつぼし、ふっくりんこ、おぼろづき、きたくりん、ゆめぴりか
作型 肥料・化学肥料 中間地帯・低地土(乾)
化学合成農薬 うるち(移植)
は種期 移植期 収穫期
4月10日 ~ 4月20日 5月17日 ~ 5月31日 9月19日 ~ 10月10日
導入しているクリーン農業技術
土壌管理 ●堆肥を活用した土づくり
●牛ふんたい堆肥の施用
●稲わら堆肥の施用
施肥管理 ●土壌診断に基づく適正施肥
●堆肥投入による化学肥料の抑制
防除技術 ●温湯消毒による種子消毒剤の削減
●定期的な捕虫網すくい取り(畦畔・水田)によるカメムシ発生予察による適期防除
●徹底したほ場巡回によるいもち病の発生対応型防除
その他  
化学合成農薬の使用基準
※特別栽培農産物表示に係るガイドラインに準じた有効成分使用回数の対象農薬
使用資材名 用途 対象病害虫等 使用回数
スタークル液剤10 殺虫 カメムシ、ウンカ 1回
パダン粒剤4 殺虫 ドロオイ、ハモグリ他 1回
アドマイヤーCR箱粒剤 殺虫 ウンカ、ドロオイ他 1回
ダコニール粉剤 殺菌 リゾープス菌 1回
ブラシンゾル 殺菌 いもち病 0-2回
ビームエイトトレボンゾル、アプライフェルテラ箱粒剤 殺虫・殺菌 いもち病、ウンカ、カメムシ、ドロオイムシ他 2回
ツインターボ箱粒剤08、カスラブキラップフロアブル 殺虫・殺菌 いもち病、カメムシ 0-2回
エリジャン乳剤、エリジャンジャンボ、チャンスタイムZフロアブル、チャンスタイムZ1キロ粒剤、スマートフロアブル、スマート1キロ粒剤、クリンチャーEW、クリンチャージャンボ、クリンチャーバスME液剤、ユニハーブフロアブル 除草 雑草 3回
タチガレエースM液剤 殺菌 フザリウム菌、ピシウム菌 2回
合計 11回
慣行レベル 22回 慣行レベルとの比較割合 50%以上減
化学・有機物肥料の使用基準
使用資材名 用途 窒素施用量
BB683ほか 基肥 4.2kg/10a
化成444 側条 2.8kg/10a
合計 7.0kg/10a
慣行レベル 10.0kg/10a 慣行レベルとの比較割合 30%以上減
たい肥等を含めた総窒素施用量 8.0kg/10a
有機物肥料・カウント対象外農薬・土壌改良資材として使用される資材
用途 使用資材名
病害虫軽減 木酢液
有機物施用 牛ふんたい肥ほか1材
その他
 
注) この栽培基準は、化学肥料や化学合成農薬の使用量及び使用回数が最も多い栽培基準を表しています。
    産地により、複数の栽培基準を設定している場合がありますので、詳しくは上記連絡先にご照会願います。

登録集団一覧に戻る