登録集団の概要(使用基準等)については、変更申請が出されている場合がありますので、
都度該当集団に確認願います。
更新月日 平成29年3月27日
登録番号 011-01-21
登録年月日 平成16年2月16日 (平成15年度)
生産者集団名 ながぬまクリーンライス生産協議会ながぬま健康米部会
代表者名 真田 隆弘
生産管理責任者 JAながぬま 米穀畜産課 仁和 貴也
集出荷管理責任者 JAながぬま 米穀畜産課 仁和 貴也
農産物名 水稲
市町村名 長沼町
連絡先住所 夕張郡長沼町銀座北1丁目5番19号
連絡先電話番号 01238-8-2223
構成員数 8名
写真
写真
PR文 「ながぬま健康米」は、平成2年から取り組みしており本年で13年目を迎えます。また「ながぬま健康米」は減農薬栽培はもとより「おいしさ」の追求にも取り組み、低タンパクな良質米の努力を続けております。さらに、籾バラ集出荷施設「米の館」での異物混入のない均質な品物を今摺米として皆様に提供して参ります。
品種名 ななつぼし
作型 肥料・化学肥料 中間地帯・低地土(湿)
化学合成農薬 うるち(移植)
は種期 移植期 収穫期
4月15日 ~ 4月20日 5月15日 ~ 5月25日 9月20日 ~ 9月30日
導入しているクリーン農業技術
土壌管理 ●稲わら堆肥の施用●側条施肥機械体系による化学肥料の抑制
施肥管理 ●土壌診断結果による適正施肥 ●有機質肥料の施用による化学肥料施肥量の低減 ●稲わら堆肥の施用 ●側条施肥機械体系による化学肥料の抑制
防除技術 ●病害虫及び発生予察技術の導入 ●町情報システムを活用した病害虫発生予察の励行による適期防除
その他  
化学合成農薬の使用基準
※特別栽培農産物表示に係るガイドラインに準じた有効成分使用回数の対象農薬
使用資材名 用途 対象病害虫等 使用回数
合計 11回
慣行レベル 22回 慣行レベルとの比較割合 50%以上減
化学・有機物肥料の使用基準
使用資材名 用途 窒素施用量
合計 7.0kg/10a
慣行レベル 10.0kg/10a 慣行レベルとの比較割合 30%以上減
堆肥等を含めた総窒素施用量 8.0kg/10a
有機物肥料・カウント対象外農薬・土壌改良資材として使用される資材
用途 使用資材名
その他
 
注) この栽培基準は、化学肥料や化学合成農薬の使用量及び使用回数が最も多い栽培基準を表しています。
    産地により、複数の栽培基準を設定している場合がありますので、詳しくは上記連絡先にご照会願います。

登録集団一覧に戻る