お知らせ

2017年7月18日

平成28年度夏休み親子生きもの調査の開催結果について

 環境調和型農業であるクリーン農業がほ場およびその周りの生物多様性に貢献していることを、小学生に実際に見て肌で感じてもらうことを目的に、平成28年8月2日(火)、栗山町桜丘3のハサンベツ里山で「平成28年度夏休み親子生きもの調査」を開催しました。
 現地の田んぼは、農薬を使用せず、化学肥料も最小限しか使用しておらず、講師先生から調査方法の説明を受けた後、子供たちは実際に田んぼの中に入って、渡された捕獲用の網を使って田んぼの中の生きものを泥んこになりながら一所懸命に探し捕まえていました。
 捕まえた生き物は、どじょう、アメンボ、ガムシ、カワニナ、オオコイムシ、マルタニシ、ヤゴ、ヨコエビ、ヒルなど10数種類。その後、捕獲した生き物の名前や特性などを講師先生からひとつずつ解説がありました。
 子供たちには、普段出来ない体験ができたことをとても喜んでいだき、保護者の方からも貴重な体験をさせていただいたと感謝の言葉をいただいた。


2016夏休み生き物調査.pdf

前のページへ戻る