登録集団の概要(使用基準等)については、変更申請が出されている場合がありますので、
都度該当集団に確認願います。

当麻町カントリー利用協議会

プリント
当麻町カントリー利用協議会

上川盆地の中央部に位置した当麻町。盆地特有の気候により寒暖の差が大きいことから農産物の育成と食味には好条件であり、四季折々の表情は変化に富んでいます。大雪山連峰を仰ぎ、その大雪山に源を発する石狩川の肥沃な大地と清流の恵みを受けて育ったクリーンなお米をぜひご賞味ください。

登録番号 015-01-11
登録年月日 平成16年2月16日 (平成15年度)
生産者集団名 当麻町カントリー利用協議会
代表者名 藤中 敏彦
生産管理責任者 JA当麻 営農部 営農販売課 課長
集出荷管理責任者 JA当麻 営農部 営農販売課 課長
町村名 当麻町
連絡先住所 当麻町4条東3丁目
連絡先電話番号 0166-84-3202
構成員数 138名

生産集団の栽培基準について

農産物名 水稲
品種名 ほしのゆめ、ゆめぴりか、きたくりん

作型

肥料・化学肥料 化学合成農薬
高収地帯・低地土(湿) うるち(移植)
は種期 移植機 収穫期
4月5日 ~ 4月25日 5月15日 ~ 5月31日 9月16日 ~ 10月17日

導入しているクリーン農業技術

土壌管理
●土壌改良資材(粒状ケイカル・スーパーミネカル)施用
●良食味米向上のためのケイ酸資材の推進
●籾殻堆肥の施用
●土壌診断による施肥の適正化
●稲わら鋤き込みや排水対策(心土破砕等)の実施
施肥管理
●土壌診断に基づき、普及センターと協議し、農家個別にて施肥設計指導を実施
防除技術
●畦畔等の草刈りの徹底
●カメムシ、いもち病発生予察の実施
●病害虫発生予察を徹底し、各地区に予察員を配置し、定期調査と報告を義務付け
●水稲種子消毒は温湯消毒で処理
その他
 

使用基準

化学合成農薬の使用基準

※特別栽培農産物表示に係るガイドラインに準じた有効成分使用回数の対象農薬
使用資材名 用途 対象病害虫等 使用回数
ルーチントレス箱粒剤、アドマイヤー箱粒剤、ワンリード箱粒剤、ゼクサロンパディート箱粒剤、スタークル液剤10、キラップフロアブル、エミリアフロアブル 殺虫 イネドロオイムシ、ウンカ類、カメムシ類 2-3回
ダントツEXフロアブル 殺虫 イネドロオイムシ 0-1回
ブラシンゾル、タチガレン液剤、タチガレエースM液剤 殺菌 いもち病、苗立枯病 0-2回
ビームエイトスタークルゾル、ブラシンキラップフロアブル、ビームエイトEXゾル、ブレードスタークルゾル 殺菌・殺虫 カメムシ、いもち病 0-5回
スマートフロアブル、エンペラーフロアブル、ピラクロエースフロアブル、ベルーガフロアブル、メガゼータフロアブル 除草 水田一年生雑草 2-3回
テマカットフロアブル、ユニハーブフロアブル、ゲパード1キロ粒剤、ウィードコア1キロ粒剤、ツイゲキ1キロ粒剤、ヒエクリーンバサグラン液剤、クリンチャーバスME液剤、クリンチャーEW、クリンチャー1キロ粒剤、クリンチャージャンボ、バサグラン液剤、バサグラン粒剤、ヒエクリーン1キロ粒剤、トドメMF1キロ粒剤、トドメMF乳剤 除草 水田一年生雑草 0-6回
慣行レベル
22
合計
11
慣行レベルとの比較割合
50%
以上減

化学・有機質肥料の使用基準

使用資材名 区分 窒素施用量
水稲484 化学肥料 3.5kg/10a
水稲048 有機配合肥料 2.8kg/10a
籾殻堆肥 有機物 -
慣行レベル
10.0 kg/10a
合計
6.3 kg/10a
慣行レベルとの比較割合
37%
以上減
堆肥等を含めた総窒素施用量 8.5kg/10a

堆肥等有機物・カウント対象外農薬・
土壌改良資材として使用される資材

使用資材名 用途
粒状ケイカル、スーパーミネカル粒状4号 土壌改良資材
食酢 殺菌

その他

 

この栽培基準は、化学肥料や化学合成農薬の使用量及び使用回数が最も多い栽培基準を表しています。
産地により、複数の栽培基準を設定している場合がありますので、詳しくは上記連絡先にご照会願います。