登録集団の概要(使用基準等)については、変更申請が出されている場合がありますので、
都度該当集団に確認願います。

苫前町農協特定蔬菜生産部会

プリント
苫前町農協特定蔬菜生産部会

美しい夕陽と風のまち、苫前町。豊かな自然に包まれて、クリーンに育った苫前メロンをどうぞご賞味ください。

登録番号 155-39-21
登録年月日 平成16年2月16日 (平成15年度)
生産者集団名 苫前町農協特定蔬菜生産部会
代表者名 柴田 雅紀
生産管理責任者 JA苫前町 農業振興部営農振興課 営農振興係長
集出荷管理責任者 JA苫前町 農業振興部農産課 農業振興部長
町村名 苫前町
連絡先住所 苫前町字古丹別203-1
連絡先電話番号 01646-5-4413
構成員数 30名
農産物名 水稲

生産集団の栽培基準について

農産物名 メロン
品種名 ルピアレッド、レノン、シャンティ、ドーム、ワスツレッド2号、レッド113F、ティアラ30

作型

肥料・化学肥料 化学合成農薬
ハウス 促成・半促成(7月どり)
は種期 移植機 収穫期
3月1日 ~ 4月25日 4月1日 ~ 5月25日 6月25日 ~ 8月20日

導入しているクリーン農業技術

土壌管理
●暗渠整備、心土破砕等の施工による透排水性の改善
●苫前メロン専用有機配合肥料(S686)の施用と牛ふん敷量たい肥などの有機蚋を主体とした土づくり
施肥管理
●苫前メロン専用有機配合肥料(S686)を主体とした施肥計 
●土壌診断に基づく適正施肥
防除技術
●つる割病・えそ斑点病対策として抵抗性台木を利用することによる化学合成農薬使用回数の低減
●ほ場観察による病害虫モニタリング法及び微生物農薬等の活用による化学合成農薬使用回数の低減
その他
 

使用基準

化学合成農薬の使用基準

※特別栽培農産物表示に係るガイドラインに準じた有効成分使用回数の対象農薬
使用資材名 用途 対象病害虫等 使用回数
ピラニカEW 殺虫 ハダニ類 1回
ダイアジノン粒剤3、ダントツ粒剤 殺虫 タネバエ、アブラムシ類 0-1回
マブリック水和剤20、ダントツ水溶剤、トレボン乳剤、マブリックジェット、ウララDF、モスピラン顆粒水和剤、モスピランジェット、バロックフロアブル、アドマイヤー顆粒水和剤、ディアナSC、フェニックス顆粒水和剤、テルスター水和剤、テルスタージェット、マイトコーネフロアブル、アファーム乳剤 殺虫 アブラムシ類、ハダニ類、ウリノメイガ、アザミウマ類、コナジラミ類、ハモグリバエ類、オオタバコガ、 0-2回
ポリベリン水和剤 殺菌 うどんこ病 1回
ベノミル、チウラム、オーソサイド水和剤80、ダコニール1000、ストロビーフロアブル、モレスタン水和剤、パルミノフロブル、プロパティフロアブル、トリフミン水和剤、アフェットフロアブル、テーク水和剤、ベルクート水和剤、ファンベル顆粒水和剤、アリエッティ水和剤、リドミルゴールドMZ、ロブラールくん煙剤、トップジンM水和剤、カンタスドライフロアブル、スミレックス水和剤 殺菌 苗立枯病、うどんこ病、つる枯病、菌核病、べと病 0-3回
慣行レベル
14
合計
8
慣行レベルとの比較割合
42%
以上減

化学・有機質肥料の使用基準

使用資材名 区分 窒素施用量
千代田化成472 化学肥料 2.1kg/10a
くみあい苦土有機入り配合S686E 有機配合肥料 5.6kg/10a
牛ふん敷料たい肥 有機物 -
慣行レベル
13 kg/10a
合計
7.7 kg/10a
慣行レベルとの比較割合
40%
以上減
堆肥等を含めた総窒素施用量 15.2kg/10a

堆肥等有機物・カウント対象外農薬・
土壌改良資材として使用される資材

使用資材名 用途
炭カル、有機ミネラル、ネオキーゼライト 土壌改良資材
コロマイト乳剤 殺虫(抗生物質)
塩基性塩化銅 殺菌(銅水和剤)
カスミンボルドー 殺菌(銅水和剤)
イオウフロアブル 殺菌(水和硫黄剤)

その他

 

この栽培基準は、化学肥料や化学合成農薬の使用量及び使用回数が最も多い栽培基準を表しています。
産地により、複数の栽培基準を設定している場合がありますので、詳しくは上記連絡先にご照会願います。