登録集団の概要(使用基準等)については、変更申請が出されている場合がありますので、
都度該当集団に確認願います。

JAようてい水稲生産組合ニセコ支部

プリント
JAようてい水稲生産組合ニセコ支部

ニセコアンヌプリと羊蹄山に囲まれ、緑と清流に恵まれた自然を生かして、実験的な取組みで、薩摩ガモの放し飼いと水田の畦にハーブを植えています。除草効果と害虫除けの効果について食味も含めて研究しているところです。人と自然にやさしい米づくりを目指して安全を大切にしています。

登録番号 005-01-21
登録年月日 平成16年2月16日 (平成15年度)
生産者集団名 JAようてい水稲生産組合ニセコ支部
代表者名 成瀬 わたる
生産管理責任者 JAようてい水稲生産組合ニセコ支部 副支部長 三橋 人志
集出荷管理責任者 JAようてい水稲生産組合ニセコ支部 監事 川原 友明
町村名 ニセコ町
連絡先住所 虻田郡ニセコ町字本通り105 JAようていニセコ支所内
連絡先電話番号 0136-44-2330
構成員数 30名

生産集団の栽培基準について

農産物名 水稲
品種名 ほしのゆめ、きらら397、ななつぼし、彗星、おぼろづき、ゆめぴりか、きたくりん、きたしずく

作型

肥料・化学肥料 化学合成農薬
中間地帯・低地土(乾) うるち(移植)
は種期 移植機 収穫期
4月10日 ~ 4月20日 5月15日 ~ 5月25日 9月15日 ~ 9月25日

導入しているクリーン農業技術

土壌管理
●計画的な土壌診断による圃場管理
●極良食味米の生産を目指しながら、土づくりのため有機物の施用も実施する
施肥管理
●適正窒素量の施肥
●側状施肥割合40%以上
防除技術
●畦畔の草刈り・発生予察による適期防除
●除草剤をノビエ発生幼令適期に使用
その他
 

使用基準

化学合成農薬の使用基準

※特別栽培農産物表示に係るガイドラインに準じた有効成分使用回数の対象農薬
使用資材名 用途 対象病害虫等 使用回数
スタークル液剤10 殺虫 カメムシ類 1回
スタークル液剤10、スタークル粉剤DL、キラップフロアブル、キラップ粉剤DL、トレボン乳剤、トレボン粉剤DL、トレボンスカイMC 殺虫 カメムシ類 0-1回
タチガレエースM(液剤・粉剤) 殺菌 苗立枯病 2回
ナエファイン(フロアブル・粉剤) 殺菌 苗立枯病 0-1回
ツインターボ箱粒剤08、ルーチンパンチ箱粒剤、スタウトパディート箱粒剤、スタウト顆粒水和剤、バズ顆粒水和剤 殺虫、殺菌 イネドロオイムシ、いもち病 2回
ダブルカットK(フロアブル・粉剤DL)、ダブルカットフロアブル 殺虫、殺菌 カメムシ類、いもち病 2回
メガゼータ(1キロ粒剤・フロアブル)、ガンガン(1キロ粒剤・豆つぶ250)、プライオりテイ(1キロ粒剤・豆つぶ250・ジャンボ)、ジャイロ(1キロ粒剤・フロアブル) 除草 雑草 2-3回
クリンチャーEW、ソルネット1キロ粒剤、エリジャン乳剤、バサグラン(粒剤・液剤) 除草 雑草 0-1回
慣行レベル
22
合計
11
慣行レベルとの比較割合
50%
以上減

化学・有機質肥料の使用基準

使用資材名 区分 窒素施用量
塩加燐安C1号側条444 化学肥料 3.5kg/10a
有機入りBB258 有機配合肥料 3.1kg/10a
慣行レベル
10.0 kg/10a
合計
6.6 kg/10a
慣行レベルとの比較割合
34%
以上減
堆肥等を含めた総窒素施用量 7.5kg/10a

堆肥等有機物・カウント対象外農薬・
土壌改良資材として使用される資材

使用資材名 用途
ケイカル 土壌改良資材
食酢 殺菌
エコホープDJ 殺菌(微生物農薬)
バリダシン液剤5、バリダシン粉剤DL、バリダシンエアー 殺菌(抗生物質)

その他

 

この栽培基準は、化学肥料や化学合成農薬の使用量及び使用回数が最も多い栽培基準を表しています。
産地により、複数の栽培基準を設定している場合がありますので、詳しくは上記連絡先にご照会願います。